夏休み子ども陶芸教室1日目

今日は夏休み子ども陶芸教室の
初日でした。

3年生と6歳のご兄弟が
参加してくれました。

部屋に入る前、
庭先でバッタをみつけてしまい、
気になるお兄さん。
なんとか忘れてもらいながら、
まずはキャンドルホルダーの説明。
資料のプリントを配ります。

鋭いお二人は 穴のかたちが
大事なんだ!と、わたしが一番
言いたかったことをすぐに
理解してくれました。

大胆につくっていくお兄さんと、
ひとつひとつ厚みを確認しながら
パーツをつけていく弟くん。

最後まで「穴」にしっかりポイントを
おいて作り上げました。

ここでお兄さん、
庭にバッタを確認に行き、
いなくなったとがっかり、、。

d0154360_1344094.jpg

d0154360_13575664.jpg


気を取り直してその後は、
二人とも経験者なので、
自由製作にもチャレンジ。

ふたりともご飯茶碗を作るのですが、
あれ?
お兄さんのはずいぶん大きい。
、、、立派な壺ができちゃいました。

でも、本人はこれでご飯をたべる!
と言っていました。
わたしがお母さんだったら、
お花を入れて玄関に飾りたいなぁ。

弟くんは、ご飯茶碗にねずみの絵を
たくさん描きました。
聞けばねずみ歳だそう。
(やばい!同じじゃないか!
何周り違うんだ、、と内心焦る私。)

ご飯茶碗の内側にもねずみを描いて、
ごはんを食べたらねずみがでてくる
お茶碗の出来上がり。

内心終わるかなぁ、、
と思った自由製作も、
きっちり出来上がりました。
d0154360_13554511.jpg


お母さんが迎えに来ると、
急にテンションがあがる弟くん、
弟に優しくて尊敬されてるお兄さん。
いいなぁ。

毎度ながら、今日も、
大人とは一味ちがう、
子どものつくりだす力に
びっくりさせられました。


今日はありがとうございました。
焼き上がりをお楽しみに!
[PR]
by cama-de-momo | 2014-07-23 13:38 | 陶芸教室 | Comments(0)

桃窯でうまれる器