登園拒否児を連れて

今日は久しぶりに作業場へいって粘土をねろう!と
楽しみにしていた。

しかし、息子が登園拒否。

家を出る時間になって「いくよー」と言うと、
泣きながら絵本を読んでくれともってきて、
しょうがなく読み始めると、ページをめくるのを泣きながら邪魔する。
「もういくよ!」と立ち上がると、
泣きながら「上ー!ねんねー!」(二階に行ってネンネする!)と訴える。
あまりにも必死なので、
「保育園いきたくないの?」ときくと、
泣きながら大きな声で「うん、、、」

もう負けてしまった。
くせになるからほんとはよくないと思ったが、
その顔に負けてしまった。
何度も何度も「今日だけだよ」と言い聞かせながら作業場に連れて行った。

私が粘土を練ってる横で、最初はおとなしく粘土で遊んでいたが、
しだいに水を使い出し、
気づくとものすごいぐちゃぐちゃになっていた、、。
もちろん自分もどろどろでうれしそうに笑っていた。

たまに子供がいる女性の陶芸家が、
「こどもをみながらできる仕事」といっているのを目にするが、
私には難しい。
今日は粘土を練るだけだったのでなんとかなったけど。
もう少し大きくなったらできるのかな。

明日はちゃんと保育園にいきますように!
[PR]
by cama-de-momo | 2010-05-27 22:55 | 日記 | Comments(0)

桃窯でうまれる器